笑気ガスを使用した歯科の笑気吸入鎮静法(笑気麻酔)とは?

笑気ガスを使用した歯科の笑気吸入鎮静法(笑気麻酔)とは?

.

笑気鎮静法とは、鼻から亜酸化窒素と酸素の混合したガス(笑気)を吸引して精神を鎮静化させる方法です。

 

(笑気鎮静法を歯科で使用することは保険で認められている為、保険外の費用が生じることもありません。)

 

笑気鎮静法を用いることでは完全な麻酔効果を得ることはできませんが治療に対する不安、恐怖心、不快感などを和らげたり効果があり痛みに鈍感になります。

 

その結果、リラックスして治療を受けることができます。

 

なお、笑気鎮静法はそれだけでは麻酔効果が得られない為通常の歯科麻酔(局所麻酔)を併用して用います。。

 

笑気を吸入している時は、歯を削る不快な音や注射の痛みもあまり気にならなくなります。また、吸入を止めるとすぐに元の状態に戻るので安心です。

 

笑気鎮静法に副作用はないのでしょうか?

 

一般的に歯科で使用される笑気の利用方法は笑気麻酔という全身麻酔ではなく笑気吸入法ですので、意識を失ったりすることはありません。

 

また、笑気鎮静法に用いる笑気ガスは体内で分解されることなく体外にそのまま排出される為、内臓に悪影響を及ぼすことはありません。

 

ただし、呼吸器疾患や妊娠初期の方には使用をひかえさせていただいております。

 

笑気吸入鎮静法はこんな方におすすめです!
  • 心疾患や高血圧など歯科治療のストレスを軽くすべき方
  • 歯科治療を嫌がるお子様
  • インプラント、親知らずの抜歯など口腔内の手術を受ける方
  • ストレスに敏感や方、神経質な方
  • 嘔吐反射(口の中にものが入ると「オエッ」となる)が強い方

トップページ 痛くない治療とは? 削らない・抜かない治療とは? 全国の歯科医院検索