削らない、抜かない歯医者の取り組み(低侵襲歯科治療)とは?

削らない、抜かない歯医者としての取り組み(低侵襲歯科治療)とは?

.

「あなたの歯にはダイヤモンド以上の価値がある。」

 

誰かが言ったこの言葉ですが、本当にその通りだと思いませんか?

 

確かに現在の歯科医療技術は非常に進歩しており抜歯などで歯を完全に失ったとしても人工歯根であるインプラントを使用すれば歯を人工的にはやすことができます。

 

また、従来の銀歯であってもセラミック歯の技術も改良されてきており白い天然の歯のような外観をもったかぶせ物にしてはたから見れば治療しているとはわからないようにすることも可能です。

 

しかし、どれだけ技術が発達して見た目が自然の歯に近いものを入れられるようになったとしても天然の自分の歯「天然歯」に優るものはありません。

 

にも関わらず、今までの歯科医療は虫歯になった部分を削って埋めて治療することが主流で、形を整えるために必要のない部分まで削ってしまうという事態が通常でした。

 

そこで、出来るだけ削らない、抜かない歯科治療を行い「自分の歯を残す」歯科治療を行う歯科医院が増えてきました。

 

医療的な専門的な言葉で言いかえるとMI(Minimal Intervention)=最小の侵襲 を意味します。

 

侵襲というのは身体に対する負担、危害といった意味です。

 

つまり、「低侵襲歯科治療」が増えてきているのです。

 

では、現在、どのような低侵襲歯科治療が行われているのでしょうか?

 

歯をできるだけ「削らない」「抜かない」低侵襲歯科治療とは?

 

MI用治療器具

 

歯を削る時に使用するタービン(「キーン!」という音のするドリルのような医療機器)の先端を「バー」というのですが、そのバーを通常使用するものよりも細いタイプを使用することによって削る部分を最小限にすることができます。

 

このような細いバーをMI用のバーといいます。

 

また、私が歯科医療機器の営業をしていたときにはナカニシというメーカーから通常のタービンよりもコンパクトな「PIKO」というタービンが発売されており、そのタービンを使用している先生が「小通ってさくて削りやすい」とおっしゃっていたので、このようなタービンもMI用の治療器具と言えるかと思います。

 

対象者:誰でも可能。

 

精密根管治療

 

歯の根っこの治療のことを「根管治療」というのですが、この根管治療が不完全で治療したはずなのに膿が出てきた…なんて経験がある人もおられるのではないでしょうか?

 

実は私も歯科業界に入る前に通っていた歯医者で不完全な根管治療をされたことがあります。

 

この根管治療が不完全であれば結局歯の根っこが損傷して抜歯するしかなくなるのです。

 

根管治療は非常に精密さが問われる非常に難しい治療なのですが、マイクロスコープという器械を用いてより精密に治療を行うことを「精密根管治療」といいます。

 

ちなみに精密根管治療にはマイクロスコープが不可欠です。

 

対象者:誰でも可能。

 

う蝕検知液

 

う蝕検知液は虫歯になっている部分「う蝕された部分」を赤く染める液で、みたことがある人もいるのではないでしょうか?

 

このう蝕検知液を歯を削る前に使用して赤く染まった部分のみを削ることで必要のない部分を削ることがなくなります。

 

対象者:誰でも可能。

 

エアーアブレーション

 

エアーアブレーションはアメリカの最先端技術を駆使して開発されたエアーアブレーションという器械を使用した新しい歯科治療です。

 

通常はタービンというドリルのような器械で歯を削るのですが、エアーアブレーションはアルミナなどの微粒子をエアー噴射して虫歯の部分を吹き飛ばす治療法です。

 

このエアーアブレーションを使用することで健康な歯を損傷することなく虫歯の治療を行うことができます。

 

対象者:虫歯は程度や症状で使用の可否がある。

 

カリソルブ ⇒カリソルブの詳細はこちら!

 

3MIX−MP法 ⇒3MIX−MP法の詳細はこちら!

 

ドックベストセメント ⇒ドックベストセメントの詳細はこちら!

 

レーザーによる歯科治療 ⇒レーザー治療の詳細はこちら!

 

ヒールオゾン ⇒ヒールオゾンの詳細はこちら!

トップページ 痛くない治療とは? 削らない・抜かない治療とは? 全国の歯科医院検索