痛くない歯医者の取り組み(無痛歯科治療)とは?

痛くない歯医者の取り組み(無痛歯科治療)とは?

.

歯科医院、歯医者にはどうしても「痛い」というイメージがつきまといます。

 

あの「キーン!」という音に伴う「痛み」が原因で歯科恐怖症になってしまう人もいると聞いています。

 

ですので、そういった「痛み」に対する対策として痛くない歯医者としての取り組み、「無痛歯科治療」を行う歯科医院が増えています。

 

では、無痛歯科治療とは一体どのような治療なのでしょうか?

 

実は無痛歯科治療に対する明確な定義はありません。

 

そこで、当サイトでは無痛歯科治療が「どのような痛みを軽減、無痛化するか?」によって3つに分けて整理してみました。

 

@「麻酔の痛み」を軽減、無痛化するもの

 

歯の麻酔は歯肉に直接針を刺すため非常に痛いですがその麻酔時の痛みを無痛化する取り組みがあります。

 

例:表面麻酔

 

A「治療中の痛み」を軽減、無痛化するもの

 

タービン(歯を削る医療器機。ドリルのようなもの)で歯を削る際に神経に触れると痛みがあります。

 

一般的に歯医者の痛みといえばこの痛みをイメージする方がほとんどかと思います。

 

そうの歯を削る際、治療時の痛みを無痛化する取り組みです。

 

例:笑気鎮静法

 

B「治療後の痛み」を軽減、無痛化するもの

 

歯の削りすぎによる治療後の痛みを軽減、無痛化するための取り組みです。

 

例:う蝕検知液

 

「麻酔の痛み」を無痛化する取り組みについて

 

表面麻酔 ⇒表面麻酔の詳細はこちら!

 

電動注射器

 

麻酔液を電動で注入していく器械です。

 

この電動注射器を使用することで注入のスピードをコントロールすることが出来、ゆっくりと麻酔を効かせながら「麻酔液を注入する時の痛み」を無痛化します。

 

無針注射器

 

麻酔液を圧力を利用して霧状にして吹き付け歯肉内部に浸透させる注射器です。

 

針がないため、「針を刺す痛みや恐怖」がありません。

 

治療内容によっては針を使う麻酔が不要な場合もありますが、基本的には針を使う麻酔の前麻酔として併用します。

 

「治療中の痛み」を軽減する無痛化する取り組みについて

 

レーザーによる歯科治療 ⇒レーザー治療の詳細はこちら!

 

エアーアブレーション

 

通常は虫歯になっている部分を削るのですが、虫歯の部分にエアーアブレーションの細いノズルでアルミナの粉末を吹き付けて虫歯の部分を吹き飛ばす治療装置です。

 

虫歯になっている部分の除去時に音もなく、歯や頭に響くような振動がありません。

 

なお、初期虫歯であれば麻酔をする必要もなく虫歯の除去を行うことができます。

 

笑気鎮静法 ⇒笑気鎮静法の詳細はこちら!

 

静脈内鎮静法 ⇒静脈内鎮静法の詳細はこちら!

 

カリソルブ ⇒カリソルブの詳細はこちら!

 

3MIX−MP法 ⇒3MIX−MP法の詳細はこちら!

 

ドックベストセメント ⇒ドックベストセメントの詳細はこちら!

 

ヒールオゾン ⇒ヒールオゾンの詳細はこちら!

 

「治療後の痛み」を軽減する取り組みについて

 

う蝕検知液

 

虫歯になっている歯の部分を「う蝕」といいます。

 

このう蝕の部分が再石灰化することが出来ない場合は除去する必要があります。

 

う蝕検知液を使用すると虫歯になっている部分が赤く染まりますので、この液を使用して虫歯の治療を行うと「歯の削りすぎによる治療後の痛み」を軽減させることをできます。

 

また、虫歯の再発を防ぐこともできます。


トップページ 痛くない治療とは? 削らない・抜かない治療とは? 全国の歯科医院検索