歯医者の麻酔(歯の麻酔)時の痛みから解放される表面麻酔とは?

歯医者の麻酔(歯の麻酔)時の痛みから解放される表面麻酔とは?

.

表面麻酔は通常の麻酔(局所麻酔)を行う前段階として皮膚や粘膜にぬって皮膚や粘膜の表面の近くをマヒさせる為に行う麻酔法のことです。

 

塗るタイプのものやスプレタイプのものなど様々なタイプがあります。

 

歯科では主に麻酔の針を刺す歯肉の部分に塗って麻酔効果を作用させて「麻酔の針を刺す時の痛み」を無痛化するために使用します。

 

ただ、歯科治療で麻酔が痛いと感じるのは実は針を刺す時ではなく麻酔液を注入する時なので表面麻酔は一種の気休めです(笑)

 

しかし、表面麻酔をすることで患者さんが痛みから解放されるというリラックス感を得られ、その結果痛みを感じにくくなるということはあるそうです。

 

なお、表面麻酔だけでは完全な歯の麻酔効果をえることはできません。

 

ですので、表面麻酔をして歯茎の知覚をまひさせて局所麻酔をするといったような使い方をします。

 

ちなみに、表面麻酔は「保険点数に含まれません」。つまり、表面麻酔をしてくれる歯医者さんは自腹を切って患者さんの為に無痛のサービスを提供してくれているのです。

 

表面麻酔はこんな人にオススメです!

  • 歯科麻酔の痛みが苦手な方
表面麻酔にさらに一工夫!

 

あなたは氷で指の感覚がマヒしたような経験がありませんか?

 

実は、冷やすことでヒフの感覚をマヒさせて麻酔の補助をすることができます。

 

これを寒冷麻酔といい、表面麻酔をした部分に寒冷スプレーで冷やしたスポンジを置き併用することでさらに痛みを和らげることができます。

 

また、注射の針を通常の25ゲージより細い30、31ゲージの針を使用することで痛みをさらに軽減することも可能です。


トップページ 痛くない治療とは? 削らない・抜かない治療とは? 全国の歯科医院検索