虫歯のヒールオゾン治療法による無痛・低侵襲歯科治療とは?

虫歯のヒールオゾン治療法による無痛・低侵襲歯科治療とは?

.

ヒールオゾン治療とは、オゾンを治療に使うことで虫歯菌を殺菌して、歯の再石灰化を促進する新しい虫歯の治療方法です。

 

このヒールオゾン治療にはヒールオゾン装置が必要となり、全世界で3000台以上がすでに販売されて歯科治療に導入されています。

 

日本でも平成17年ころから少しずつ入ってきていますが、ヒールオゾン装置自体が医療機器として薬事法認可が下りていないため日本でヒールオゾンによる治療を行う歯科医師が直接輸入しています。

 

ヒールオゾン治療のメリットとは?

  • 歯を削る量が少なくて済む
  • 歯の神経を残せる可能性が高くなる
  • ヒールオゾンを使用した場合の副作用は現時点ではでていない
  • 歯を削る量が少ないので、痛みが出にくい
  • 薬剤を使用しないので、薬剤を使用する治療法よりも安全性が高い
  • 根管治療や虫歯の予防にも使用できる
  • ヒールオゾン装置の操作が簡単なので治療時間を短縮できる

ヒールオゾン治療のデメリットとは?

  • 新しい治療方法の為、導入している歯科医院が少ない
  • 実績が不十分でデータが少ない
  • 進行した虫歯には使えず、従来通り神経をとる必要がある
  • 保険がきかず保険外の自費診療になる

ヒールオゾン治療の料金・費用(治療費)について

 

保険外の自費診療になるためヒールオゾンを使用して虫歯治療を行う場合の費用は、医院によって大きく異なるようです。

 

ただ、私が調べたところ虫歯の歯1本あたり3000円程度の費用でヒールオゾンを使用した治療をしている医院が多いようですが事前に歯科医院に電話して確認されることをおすすめします。


トップページ 痛くない治療とは? 削らない・抜かない治療とは? 全国の歯科医院検索