良い歯医者を「初回診療」で見極める!|元歯科業界営業マンが明かす良い歯医者の選び方マニュアル

良い歯医者を「初回診療」で見極める!

.

このページでは、初回診療時に「良い歯医者」か否かを見極めるポイントをまとめてありますので、初めて歯科医院行く際にはチェックしてみてください。

 

◎初回電話時に見極めるポイント

 

良い歯医者は受付スタッフが医院の顔であることを認識しておりとても教育に力を入れています。

 

ですので、初回の予約時に電話で現状を伝えて治療費や応急処置の方法を受付のスタッフの方に電話で聞いてみてください。

 

その場で受付スタッフが答えてくれたらかなりレベルが高いですが、歯科医師に確認してくれる医院は患者想いのよい医院だと思います。

 

初回来院時に見極めるポイント

 

予約をすればほとんど待たされないこと

予約をしても10分以上待たされる医院は患者の回転や導線や段取りが悪いおそればあるので要注意です。

 

保険と自費の説明があること

最近は受付後の待ち時間に問診票で保険と自費の考え方を説明されることやアンケートで意思確認する場合がありますので、受付時に保険と自費の説明などで診療方針を確認してください。

 

院内がバタバタしていないこと

時間的余裕、経済的余裕、精神的余裕な3つの余裕がある歯医者は患者目線でしっかりと診療をすることができますのでバタバタしている医院は要注意です。バタバタ落ち着きがない歯科医院だと治療も不安です。

 

診察時に見極めるポイント

 

インフォームドコンセントをしてくれること

患者との治療に関する同意形成としてインフォームドコンセントは基本ですが、今でも何の説明もなくいきなり削る歯医者がいますので要注意です。

 

保険と自費の説明があること

初回来院時に受付で渡される問診票に保険と自費の考え方についての説明などがなければ診察時に保険と自費の説明がされるか確認しましょう。

 

原因や対処法などの説明がわかりやすいこと

説明時に診察台を起こして説明したり、患者の横や正面に回って目を見て説明してくれる歯科医師はかなりレベルが高いです。

 

治療計画書を発行してくれること

良い歯医者は現在の状況と方針をわかりやすく伝えるために治療計画書を発行してくれます。また治療計画の中でだいたい何回で治療が終わるか入っているとなお良いと思います。

 

口腔内の写真撮影をしてくれること

治療の経過観察や現状をつかむために口腔内の写真を撮ってくれる歯医者は良い歯医者です。

 

その他の見極めポイント

 

痛くなった歯を治療することは簡単です。逆に痛くない時、緊急でない治療や診察 たとえば歯のクリーニングなどを受けて医院のレベルを見ると良いと思います。


TOP 業界の裏側を知る 診療方針で見極める 人で見極める HPで見極める 施設・設備で見極める 初回診療で見極める